美女とブサイク

敢えて美人を避けるという謎の心理

普通の女達とは幾らでも会話が出来るのに、何故か美人にだけはどうしても話しかけられないという人がいる。

僕の教えたナンパ修行生達の中にもそうした事で悩んでいる人がおり、結局ナンパにおいても美女にだけは積極的に話しかけられずに並みの女を数人落としてそれで満足しているというナンパ初心者も多かった。

当然彼等の本心としてはどうでもいい女達と数多く寝るよりも、ずば抜けた美女と過ごす事でロマンチックな、より密度の高い充実した時間を送りたいという考えを持っているのにも拘らず、実際は何故こういう真逆とも言える行動に走ってしまうのであろうか?

その理由を聞いてみると、美女というのは概して性格が悪い、お高くとまって不細工な男達を見下している、最初から金持ち男しか相手にしていない、といったとても鼻持ちならない人種であるという先入観がどうも彼等の中にはあるかららしい。

つまり、初めから美女はナンパの成功率が低く、それならば落としやすい並みの女に行こうという思考な訳だ。

人間はどうしても本能的に失敗して傷つくのを嫌うものだから、成功確率の低い女よりは高い方の女を選んでしまいがちだ。

加えてその日のナンパの成果がゼロで終わるよりも、一人のブサイクでもいいから結果を出しておきたいといういわば受験で言う滑り止め的な心理もあろう。

だが、そんな中途半端な結果に甘んじているようでは今後のナンパ師としての成長はありえない。

目指すのは並みの女を数多くゲットする事ではなく、自分好みの美女と懇意になる事にある筈で、最初は皆そういう熱い想いを胸に抱いて僕の所にやって来るのだが、いつの間にかその初心を忘れてしまっている場合も多い。

美人は心が冷たいというのは本当か?

美女は性格ブス。

確かに世間一般にはそのように言われている節があり、女は見た目よりも性格とか中身とかいう言葉を僕も散々聞いてきた方だ。

だが、何も考えずにこういう言葉をうっかりと鵜呑みにしてしまい、いわばそれに洗脳されてしまっているような気弱な男というものがなんと世の中には多い事か。

実際今迄美女とマトモに話をした経験も無いような男にそもそもそんな事分かるはずも無い。

大体、世界中の美女一人一人の性格を事細かにリサーチした訳でも何でもないのに一体どこからこういう台詞が生まれるのだろう。

人の性格なんてそれこそ千差万別で、いい性格の美人もいれば性格の悪いブサイクも沢山いるのだ。

むしろ、長年男から相手にされなかった恨みつらみや妬みから、性格の酷く捻じ曲がったブサイクというものは多い。

美人は男の理想が高いというのは本当か?

そして、そういうブサイクに限って自分とはとても不釣合いなイイ男ばかりを理想にあげているものだ。

だから、いつまで経っても自分だけ売れ残るという結果になってしまう。

逆に美人だからといって、相手の男に求める理想が高いとは限らない。

男は大抵美女が好きなので、女もそうだと僕達は考えがちだが、決して皆が皆そうだという訳ではない。

確かにホストクラブやジャニーズ等のアイドル達の面子を眺めていると女も見た目で男を見ている部分があるのは否定出来ないものだ。

しかし、女の方が男よりも余程現実的な性格なので、理想と現実をいつまでもごっちゃにしているようなケースは少ないと言える。

結婚するなら中身が大事

唯一、女を見た目だけで選ぶのはどうかと思うように感じる場合がある。

それは結婚相手を選ぶ時で、僕もバツイチだから結婚の経験があるのでその辺よく理解出来るのだが、とにかくナンパで遊ぶ時とは違い、結婚相手を見てくれだけで選んでしまうと後々大変な事にもなりかねないものだ。

⇒バツイチナンパ師の結婚体験談 その1

結婚する時には長く一緒にいられるような中身を持ち合わせた相手でなければならない。

僕の友人の奥さんは見た目はハッキリ言うといまいちなのだが調理師の免許を持っており、その料理の腕は素晴らしく、例え夫婦で喧嘩するような時でさえも作るご飯が美味しいのでそれが決め手となって、結局はお互いにいつまでも長く続いている。

家計の事も考えず、やたらと浪費が激しかったり、子供が生まれた場合に例え貧しくともその子を立派に育てようという気持ちのないような女と結婚してもこちらが苦労するだけだ。

遊びなら見た目、結婚するなら中身で女を選ぶようにしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする