女をベッドに誘えない困った男達へ

女をその気にさせるのがナンパだ

会話位は普通に出来る仲なのに、SEXしようとすると途端に相手が拒否反応を示すという場面はよくある。

悲しいかな、経験の浅いモテない男というのは女と話が出来たりご飯に行ったりするというだけで自分に気があると勘違いしてしまいがちだ。

しかし、これは単に男の独り相撲であって、女にその気は全然無い場合が殆ど。

全く好みで無いような恋愛対象外の異性と話したり、呑み喰いしたり遊びに行ったりするのは誰にでもよくある事。これは自分の場合にだって当てはまるのでは?

そんな時、相手に望まぬ性行為なんかをせがまれたりしたらどうなの?という話である。

 

問題は、最初は全くその気の無いような女を、如何にしてその気にさせる事が出来るか?

ここが、一流の凄腕ナンパ師の腕の見せ所なのだ。

モテない男達は、自分に興味を持っていない女とは寝る事が出来ない、つまり脈が無さそうだと考えるが、ナンパ師達の思考は違う。

自分に興味を持っていない女を如何にして興味を持たせられるだろうかという風に考えてそれを実行するのがナンパというものである。

女に嫌われたくない男の心理

以前の記事 女を落とすトークを磨け!! でも少し書いたのだが、女にモテなかったり、いつまで経っても深い関係が築けないような男というのは、概して自分の好意とか欲望が相手の女に伝わるのを必死に避けようとしているもの。

それは何故かと言えば、簡単に言うと相手の女に嫌われたくないからだ。

性欲ギラギラの男は女に引かれる、キモがられるという考えが彼等の中には存在し、それ故に大胆な行動がとれないでいる。

好きな女にスケベな欲望が露呈してしまわないよう、性欲をひた隠しにしているという訳だ。

確かに、四六時中頭の中が女と寝る事ばかり、というセックスマシーンのような輩というのは何だか動物じみていて低俗な感じがするものだが、一般的に男という生物は殆どが皆そんなものではなかろうか?

それ故、常にストイックさを保てるような男というのは少数派という事になり、それが女にとって何だが魅力的とも考えられているフシはあるのかもしれない。

どうすれば、君は好きな女と寝る事が出来るのか?

しかし、そんな事ではこの先もずっと君は右手が恋人という惨めな人生を過ごさなければならなくなるだろう。

当たり前の事だが、好きな女にはその意思を分かるように伝えなければならない。

問題なのは性の欲望の示し方である。

女が君をキモいと思うか、いい感じでオーケーするかはここにかかっていると言えるのだ。

勿論、どういうやり方が一番なのかは、君の力量や経験値、相手の感性とか性格にもよるから一概には言えない。

前に挙げたような、イビサでナンパに成功した友人のような、どストレートなやり方が効果的に通じる場合もあるし、その逆も然りだ。

女にも性欲はある。当然ながら…

女は男のように年がら年中性欲で頭が一杯という事は流石に無いが、生き物である以上必然的にそれは備わっているもの。

ただ、男と違うのは、女というのは色々な条件が整ってからようやく気分が盛り上がり、性欲が高まってくるように造られているので、どうしてもそこを考えに入れておく必要がある。

女の思考や性質を良く知らないモテない男達は、短絡的に男と同じ感覚で女を考えてしまいがちだがそれでは上手くいく筈がない。

男はイイ女を見た瞬間に即、寝たい!!と感じるが、女は自分好みのイケメンを見ても即座にやりたい!!とまでには思わぬもの。

そうなるまでには、先に述べたような気分や感情が高まり、性欲が生じてくるような条件が色々と揃わなくてはならないからだ。

その為の手段の一つとして、前回述べたようなトークというものがある。

ただ、金が絡むような場合は話が別で、そんな時は女もアッサリこちらの要求に応じてくるだろうが、そんな方法はナンパ師を目指そうとする者がとるべき手段ではない。

散々言ってきたように、金は女に使うものではなく使わせるのが一流の男というものなのだから。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする