ファッションについて、あれこれ

どんなファッションでナンパに臨むか

ナンパでは初めての女に声をかけるのだから、君の第一印象が重要となってくるのは言うまでも無い事だ。

ナンパにおいて特にこれと決まったファッションなどというものは存在しないが、自分の個性や持ち味というものがまだ良く分かっていないような人の場合、初めの内はあまりにも奇抜であったりクセのあるようなものは避けた方がよいと思う。

結局の所は無難、つまりはオーソドックスでスタンダードが一番なのだ。

無駄に高いだけのブランドの服なんか揃える必要は全く無いが、あまりにもボロかったりみすぼらしく見えるような格好は止めた方がいいだろう。

僕は昔は金が無かったものだから、店で新品の服を買うような事が出来なかった。

大抵は友達から要らなくなったシャツとかトラウザー等を貰ったりしていたのであるが、Tシャツの襟がビロビロに伸びていたり、こぼしたソースの染みが付いていたり、果てはカビが生えていたりしているようなものも少なくなかったけれど、そこで贅沢は言えない。

その名残りか、多少金を持つようになった今でも一枚何千円もする様なTシャツなんて買う気にはならないのだ。

お洒落な人イコールモテる訳ではない

僕の考えでは、拘りのファッションをしている男が異性にモテるとは言い難い。

服や髪型、身につけるアクセサリーや小物といったファッションにどんなものを選ぶかは本人の自由だし、自分というこの世で唯一無二の存在を主張する為に独自のスタイルを築くというのは結構な事ではある。

しかし、あまりにもファッションに興味があり拘る人というのは、自分の個性とか好みばかりを追求して周りの第三者の意見や感想というものを軽視しがちだ。

自分ではどんなに格好良いと思っていたとしても、それが果たして女達の好みに合うかどうかは、はなはだ疑問である場合も多い。

この辺、女の場合について想像してもらうと分かり易いが、個性的なファッションをしている女というのは概して男ウケは良くないもので、モテる女というものは男の好きそうな、喜びそうな服装をよく考えて選ぶもの。

同様に女ウケするようなスタイルとかファッションというものは確かに存在するものだから、その辺よく調べてみる事も大切だろう。

自分というものをよく研究してみよう

いい年こいてやたらと若作りをしてみたり、あまりにも誰かのスタイルを猿真似したものや、果てはメイクまでやりだすようなキメキメな感じのものは傍目から見てもイタイタしい事この上ない。

不思議な事に力を入れれば入れるほど、結果というものは反対の方に向かう場合が多い。

そのような悲惨な結果というのは、自分に一体どういうものが似合うのかという事が分かっていないから起こるもので、つまりは

自分で自分というものが、まだまだよく分かってていない

という証拠なのだ。

自分の年齢や体型や身長、しぐさや歩き方に至るまで日頃から気を付けてよくよく知るように心掛けてみよう。

自分は一体何が好きで何が似合うのか、それは客観的に見た場合果たしてどうなのか、女達の価値観では一体それがどのように目に映るのか、そういう事をしっかりと考えてみる必要がある。

そして世の中のセンスが良い、モテる、格好良いと言われるような人達(モデルとか俳優)が何故そうなのかも研究してみるべきだ。

そうすれば、単に誰かのスタイルを表面的に真似たような軽薄な感じではない、君だけの個性というものがつくられてくるようになるだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする