フリーターのせいで女に自信が持てない男

本当に金が無いと女にモテないか?

あまりに世の中の経済的に豊かな男がモテるというイメージが強すぎるのか、金が無いというただそれだけの理由で女に対して自信が持てない人というのは案外多いように感じる。

確かに昔から金持ちの男というのはそれだけで多くの女から求められるものだ。

いつの時代も何処へ行っても、金持ちが女にモテるというのは紛れも無い真実だろう。

だが、金が無くても女にモテるようにはなれるもので、それは凄腕のナンパ師達が別に金持ちでも何でもない事からしても明らかである。

つまらないコンプレックスなんかで自分に自信を失い、その可能性を縮めるような愚考は止めにすべきだ。

南国に多いヒモ男

南国の男達は怠け者が多いと言われるが、僕が見てきた限りでも実際そうだった。

たまにまとまった休みが取れると旅行で海外に行ったりするのでそういう光景はよく目にする事が出来るのだが、朝から市場等で元気に働く女達に比べて男衆は典型的なヒモ体質らしく、女の機嫌をうかがいながら養ってもらうのが得策と考えているようで、あまり働きもせず毎日ハンモックでだらだらしたり昼間から酒を呑んだりしてのんびり過ごしているのが多い。

何処の国だったか忘れたが、とにかく南の島国なんかでは男は女に食わせてもらって一人前という風潮が当たり前であるとさえ聞いた時は、流石に僕も驚いたものだ。

そこには金が無いと女にモテないなんていうせせこましい発想などというものは微塵も感じられず、むしろ彼等は怠け者である事を誇りにさえしているようである。

日本でも沖縄の男は多くがそういう感じらしい。

男は稼がねばいけないと誰が言ったか?

僕自身、働くのはどちらかというと好きではないし、昔はヒモだったという事もあり、女に喰わせて貰っていた期間というのは結構長かったものだから、あまりそういう考えに対して抵抗も無い。

それに僕の友達や知り合いには奥さんばかりが働いて自分は無職だとか、専業主夫だとかいう人達も多いのだ。

男が働かずに問題になる場合というのは、結婚する前に相手の実家に挨拶に行く時位だろうか。

その時だけ相手の親を納得させる為に適当な中小企業に就職して結婚を認めさせた友人もいるが、その後はスグにその会社を辞めて今ではすっかり元のプータロー状態に戻っている。

そこまで酷くなくとも、妻は正社員なのに旦那はバイトだとかいうケースは結構ザラだ。

だが、そういう男達は自分に対してのコンプレックス等は微塵も持たず、妻からのお小言もしょっちゅうなのであるが、のらりくらりとかわしながら上手に生きている。

常に女の優位に立ちたがる男

要は女をナンパするにあたって経済力などはまるで関係無いというお話なのだが、何故かそこを妙にコンプレックスとして捉える男もいるのが僕には不思議でならない。

今まで多くの人達にナンパのやり方を教えてきた経験上、大抵そういう人は皆真面目でプライドも高く、女に対して常に上に立ちたがるようなコンプレックスの強い性格なんだと思う。

しかし、そうした気位の高さに反して実際は、実力も才能も金も何も無いようなフリーターアルバイトなものだから、女にはちっとも良い所が見せられずに勝手に自分で引け目を感じてしまっているし、それが災いして女と懇意になりきれないでいる。

そういう男達に何故もっと心をオープンにして自分をさらけ出せないのか聞いてみると、本当の自分に対しては色々と不満があるからだと言う。

彼等は女に今の自分の職業だとか年収といった事を聞かれるのをとても嫌がり、何とかして自分を大きく見せようと取り繕うのである。

実際の身分はタダのフリーターで、年収なんてせいぜい150万程度が関の山なのに、「もうスグ自分で会社を始めようと思う」とか、或いは「過去にちょっとした事業をやっていて年収は今よりずっと多かった」等という何とも悲しい見栄を張る位ならば、「自分は石油王で月に土地を所有している。」位の嘘八百を並べられるような図太さが欲しい。

女はラクをしたがる生き物

多くの女が金持ちや定職についた男を好むのは、単に自分がラクをしたいからに他ならず、結婚して貧乏な生活を送りながら大変な思いで子育てなんぞしたくはない、老後も安定した生活を続けたい、他のママ友達よりもいろいろな贅沢はしたいけれども自分はあくせく働きたくなんかない、だから金があってしかも継続安定した勤務の男と結婚したい、という自分本位な考えからきているのだ。

そうした考えにすっかり毒されて、ちゃんとした仕事をしてないと自分は駄目だというレッテルを無意識に貼ってしまった自信の無い男達がいるのだから困ったものだ。

結婚するならいざ知らず、ただのナンパ、それも一度限りかもしれない相手に何でそんな事を気にかける必要があろう。

だが下手に根が真面目という生来の性格が災いしてしまい、いつまで経っても自分に自信が持てないものだから、これはもういつまで経っても女にモテる訳がない。

金と仕事が無いコンプレックスを解消する

君が金が無い、仕事に就いていない、等というつまらないコンプレックスを持ち続ける限り、いつまで経っても自分の中に本当の自信を持てるようにはならないだろう。

仮にそれで何度かナンパが上手くいったとしたって、そんな空しい嘘にまみれた自分というのは、何だか無性にやるせなくなってくる。

こういう悩みを解決する為のよい方法は、己の考え方や価値観を変えてみる事だ。

今まで自分がこうとしか考えていなかった偽りの真実や偏狭な枠組みを取り払い、周りに広く見識を求めるように努める事が肝要で、それによってたかが金が、仕事が無い位が女にモテなくなる要因に決してなりはしないという事実が理解出来るようになるはずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする