全然モテないイケメンの話

モテないヤツほど努力をしない

どんな分野であれ、結果を出している人間というのは皆相当の努力をしているものだ。

そういう頑張りというものは傍目には気がつかれないから、まるで生まれつきの才能ラックだけでその人はすんなりと物事を達成したかのように見えてしまうが、それは如何にも表面的な見方をしていると言わざるを得ない。

同様に女にモテない奴というのは、何も努力せずに生まれつき自分は頭や見た目が悪いとか、モテオーラが無いとか、前世で異性と遊び過ぎた反動で今生では罰を受けているだとか、とにかく訳の分からない理由を見つけて言い訳にしては無駄に悩み続けている。

モテない時代の僕が正にそうで、悩むだけで自分はどうすればよいのかというのをちっとも考えていないのは致命的な過ちなのだ。

努力するからモテる人達

僕の友人のナンパ師や売れっ子ホストなんかは女を落とす為に人の何倍も努力しているのだから、どうして何もしない奴等がそれに及ぶ事があるだろうか。

何もせずに悩んでいる事ほど無駄な時間の使い方は無い。だったらスグにでもモテるようになる為の努力を始めなくてはいけない。

だが、最初は何から始めて良いのか全く見当もつかないという人もいるだろう。

それに人間はそんなに急に変われるものではないから、直ぐに結果が出る事も無いだろうが、それでも諦めず長期的に取り組んでいくようにしなければならない。

家に篭ってどうしても話しかけられずにいる好きな女について悶々と一人悩んでいるだけでは、あなたはいつまで経っても負け組のモテない男からは成長出来ないのだ。

イケメンに引け目を感じるな!!

世の中には羨ましい容貌に恵まれた人達が存在するもので、そうした人種と冴えない自分を比べると何だか世の中の不公平を感じてしまう。

だが、どうせ自分はこんなだから、とそこで卑下して尻尾を振ってしまうようではまだまだモテるようになるまでの道のりは遠すぎる。

モテる男の思考では、そんなのは全くどうでもいい事であり、むしろ見た目しかないような相手など物の数ではないと考える。

努力しなければイケメンでもモテない

僕の知り合いに、顔はちょっとした俳優並で背も高く、サッカーもめちゃ上手いという羨ましい奴がいるが、そいつも女にモテるという点においては到底僕には及ばない。

生まれながらのルックスで彼もそこそこには女にモテるのであるが、ナンパのやり方を極めた僕に比べればハッキリ言って敵じゃないのだ。

その差は、散々言っているように今までナンパに対して如何に努力したかどうか、女にモテずにどれだけ深く悩んだかどうか、そして如何にしてそうした難題を克服してきたかにかかっていると僕は思う。

生まれながらにして外見の良い奴というのは、確かに何もしなくともそこそこには女が寄ってくるし、ナンパの成功する確率も高い。

芸能人やモデルを見てもそれは明らかだ。その点、イケメンは普通の男達よりも最初は有利だとは言えよう。

が、問題はそういうたまたま運良く生まれ持っただけの才能にあぐらをかいているだけで、何の努力もしないようでは自ずから限界が来るという事だ。

そういう手合いというのは、それこそ歳をとって中年にでもなってしまえばそれで終り。ちやほやされるのなぞ若いうちだけで、スグにモテなくなるであろう事は明らかである。

だが君が、女にモテる為にナンパのやり方をしっかりと身につけられたならば、きっと幾つになったとしても女に不自由はしなくなるだろう。

生まれつきの幸運だけに頼っているような奴等には、そいういう事が分からない。

だが、そんな恵まれた奴等が女にモテるナンパの奥義も同時に心得ているとしたら…。

これはもう、あなたにとっては最大のライバル。脅威以外の何物でもなくなってくるのは間違いない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする