ナンパの心得 女の扱い方を知る

ナンパの前の大切な心得

ナンパをして女達と遊びまくる前に、まずは是非とも心得ておくべき大切な事がある。

それは、女の扱い方を知るというものだ。

これを知らないと、多くの女をナンパしてモノに出来るような凄腕には到底近づく事さえ出来ないばかりか、ビッチにいいように利用された挙句、惨めに捨てられるといった何とも御粗末な結果にさえなりかねない。

大切なのは相手に流されることなく、自分のペースを保つようにしなければならないという事。

そして、一人の女にあまり入れ込みすぎないようにするべきなのだ。

タカってくる女は切り捨てろ

冴えないモテない男達は、女に金を使う。

あり余るほどの収入があるような会社社長等は別として、一般的なサラリーマンが乏しい給料にも関わらず、せっせと女にモノを貢ぐというのは何ともいただけない話。

一流のモテ男は女に金を使わせるものだ。

売れっ子のホスト等は高級車やマンションなんかを買ってもらうような事もザラで、僕も女から色々とプレゼントを貰う機会がある。

イキナリそこまではなれなくとも、せめて女達に無駄に金品を使うような真似だけはしない事だ。

まして、食事や酒、デート代、果ては物品なんかをねだってくるようなタカり女は即切り捨てなければならない。

そういうビッチ共というのは所詮、男の金が目当てなのだからいちいち相手にしていてはこちらの財布が持たない。

燃費の悪い車と女には乗らない・相手にしないようにするのが大切だ。

一人の女に入れ込み過ぎない

この世に女はそれこそ掃いて捨てる程存在するので、あまり一人の女に対して夢中になり過ぎないようにしたい。

一人の女だけに惚れ込み過ぎるとつい、我を忘れて周りが見えなくなってしまうもの。

そういう状態だと、仮に相手がビッチだった場合、容易く付け込まれてしまう上、何よりも周りにいる他のイイ女が目に映らなくなくなってしまうのは大変に大きな損失だと言える。

自分にその気の無い相手一人だけにいつまでも無駄に時間をかけるよりも、どんどんと別の美人達に声をかけた方が余程良い結果が生まれるだろう。

こういう点は男よりも女の方が駆け引きも気持ちの切り替えも上手いので、モテない男はその辺よく見習うようにしたい。

何も一途が悪いとは思わないが、他の美女達と遊ぶのを我慢しても本命の女が得られるとは限らないのだから、多くの女達と大いに遊ぶ方がより人生を楽しめるし、何よりも色々な経験を積む事が男としてナンパ師としての成長に繋がっていく筈なのだ。

女に8マタをかけていた過去

僕は昔、今よりもずっと派手に遊んでいたから、最高で女に8マタをかけていた時があった。

携帯電話やメルアドも複数所持して綿密なスケジュールを組んだ上でうっかりとボロを出さぬよう、常に慎重に行動するよう心掛けていたし、物件も2つ所有して本当の住まいだけは決して誰にも教える事はしなかった。

ただ、やはり8人の女を相手に付き合うというのは体力的な問題だけでなく、精神的にも相当に大変だったので、やはりアベレージ的には2~3人程度がベストだと思う。

相手が増えればそれだけトラブルの種も多くなるというもの。

それに僕のように無趣味な人は別として、何かやりたい事に打ち込めるようなものがある人にとっては、女遊びばかりしているという訳にもいかないだろう。

人によっては女遊びよりも余程有意義で情熱を注げる何かを持っている。

僕にはそういう人達が時々、何だかとても羨ましく思える瞬間があるのだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする